FC2ブログ

滅びの不安に

最近、僕の詩的予感は恐ろしく滅びの不安に震えるのだ。

それは福島第一原発の深刻な状況です。
もう、原発の下のセメントが溶ける寸前、いよいよ
溶け落ちた燃料棒が地面の中に落ちていくのではと心配でならないのです。
そしたら、水と反応して核爆発するのではと心配なのです。
とてもではないが東京オリンピックなどしている暇はない。
また、冷やすための水によって汚染水は増えるばかり。薄めて海に流しているらしいが、
東京、北関東すべてに汚染は進んでいる。
原発作業員も800名死んでいるとの情報もあり、
癌発生率が増えるのは4年目からというから、静かに恐ろしい状態が進んでいると思って間違いない。
フアシズム化した政府やマスコミは情報を絶対に公開しないが
隠してももう限界の状況に来ていると思われる。
日本の破滅はすぐそこに来ている。僕は怖れ、不安でたまらないのだ。
日本政府は狂っているとしか思われず、自民党やマスコミもどうなってしまったのか。
このまま滅びを待つしかないのか?なむさん。


滅びの予感に
           笠原仙一

幻のように

この強欲な繁栄は
この虚飾の花は
きっと否定される

それは
死がその人のいっさいを消すように
それは
チエルノブイリが消えたように
巨大なツインタワーが崩れ落ちたように

君は聞こえているか
山や海の神の怒り
機械のきしみ
それは滅びの足音
それは地球の悲しみ

それでも驕りたかぶったヒトの化け物達は
遺伝子を切り替え 人工物で肉体を改造し
新しい技術で武装し おのれだけは生きのびようと
おのれだけはより快適な生活を独占しようと
世界を独占しようと暴力を繰り返している
破滅を手繰り寄せている

ああどうしてなのだろう
この地なくして
この地球なくして この故郷なくして
慈しみや良心や愛をなくしてヒトは生きられないのに  
必ずヒトは死ぬのに ひとりでは生きていかれないのに
どんなに仮想現実や歌で不安をうち消そうとしても   
どんなに欲望を満足させても
こころは満たされないのに

この繁栄は 夢 幻
驕りたかぶった世界に真実はない
価値はない
広がるものは荒廃した鬼のような心の世界
汚染された大地や海や川

僕は眠れない
地球の悲しみよ 驕る人類よ破滅へと一直線に走る人類よ
事実広島や長崎が消えたようにチエルノブイリが消えたように驕りたかぶったこの文明はすべて消え去るのだ夢幻の如くに消え去ってしまうのだ去るのだ ああ僕は眠れない 死がその人のいっさいを消すように 確かに広島や長崎は消えたのだチエルノブイリは消えたのだ 傲慢なすべてのいっさいが消える そんな予感に僕のこころは震えて眠れない
                           
                                                          詩集「月の夜の詩」より


スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

shinohiroba

Author:shinohiroba
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR